時間がない人、家が広い人へ!生活が劇的に変わるロボット掃除機

毎日の掃除、大変ですよね。何もなくても大変なのに、仕事、子育てをしながらだと尚更時間もとられるし億劫になります。そのお悩み、ロボット掃除機で解決できます!

今回は購入したことで劇的に生活が変わった、ロボット掃除機についてご案内いたします。

掃除機はどれがいい?~我が家の掃除機の変遷~

皆様はどのような掃除機をお使いでしょうか。私は以前はコードのついた掃除機を長年使っていました。ただ、部屋を移るごとに線を抜き変えて掃除機をかけるのがとにかく面倒くさいんです!進んだらピーンとなって、コードを差し替えての繰り返しは、掃除をする時に地味にストレスでした。

そんな時、最初の産育休復帰後初のボーナスで、安くなっているコードレス掃除機を見つけ、思い切って購入しました。実際に使ってみると、これがまたすごくいいんです。

コードがないだけでこれだけストレスフリーになるなんて…!

それまで掃除機をかけることが億劫でしたが、コードレス掃除機を購入したことで、進んで掃除するくらい、掃除機をかけることが好きになりました。

気に入って利用していましたが、2度目の育休復帰の前に突然管理する家の範囲が広くなりました。これまでは2階部分のみだったのが、1階も含めた家全体を管理することになったのです。そうなったのは職場復帰する1週間前。どうしよう…と思ったまま、あっという間に1週間が経ちました。

育休明け仕事復帰後のリビングの有様

そこからは怒涛の日々の始まりです。リビングに埃が溜まっていくのを横目に、やらないといけないこと優先で平日は過ぎて行きます。そして土曜になるとよし!と気合を入れてから掃除機をかけていました。掃除すればきれいにはなるのですが、夜になってから帰ってくる仕事のある平日に、毎日掃除をする時間を取るのはかなり厳しかったです。

やっぱりキレイにしたい…。

できれば毎日掃除したい…とずっと思いながら週1で掃除する日々が続きました。そう思っていた時、ある日ふと思い出しました。

1階を掃除するようになったら、ロボット掃除機を買おうと思ってたんだ!

すぐに主人と相談し、購入することに決定しました!

ロボット掃除機を買うときの必要な条件

購入する時に条件にしたのは、以下の2つでした。

  • とにかく楽に掃除できる
  • 出来るなら拭き掃除もして欲しい

この条件のもと購入したのが、エコバックスのディーボットN7でした。

エコバックスのディーボットN7

ロボット掃除機のメリット

メリット① 何もしなくてもキレイ

私の買ったディーボットは時間指定清掃とマッピングをしてくれます。携帯から操作ができるので、外からでも掃除をすることができます。また、水拭き機能付きなんです。なので設定をして、拭き掃除部分に水を入れたら後はほったらかしでOKです。これだけで、指定した時間通りに勝手に動いて、勝手に掃除して、勝手におうち(充電場所)に戻ってきます。

そんな楽なことがあっていいの!?

実際に毎日やることといえば、拭き掃除の水の入れ替えと拭き掃除用のマットを洗うことだけ。それも面倒であれば、拭き掃除機能は自分がやりたい時だけ使うというのも有りです。ゴミ捨ても週1回で済みます。

本当に何もしないまま1週間過ごしてみましたが、何が楽って何もしなくても床がキレイなんです。毎日帰宅して床を見ても、あれだけ後ろめたく感じていた埃が落ちていないんです。毎日キレイってこんなに気持ちいいんだ!と感動してしまいました。

メリット② 空いた時間で違うことができる

ロボット掃除機を購入する前は、週末にまとめて掃除機をかけていましたが、1階全てを掃除機をかけて、ワイパーで拭くのはかなり時間がかかります。朝は子供たちが起きる前に掃除を終わらせたいと思って動いていますが、しっかり掃除するとそれなりに時間も労力も必要でした。

それが、ロボット掃除機に稼働してもらうことで、何もしなくても終わっているので、その時間他のことに回せるようになりました。そのおかげで、年末年始などの長期休みには、普段手を付けられていなかった所の片付けがだいぶ捗りました。

メリット③ 気持ちに少し余裕ができる

週末は掃除しなきゃという思いで憂鬱な気分になることも多かったですが、リビングの掃除を自分がしなくて良くなったことで、かなり気が楽になりました。しんどい時は必要最小限だけやることをやって、子どもたちが起きてくるまでの間、横になることもできるようになりました。子供たちが起きてきた時も、しっかりと向き合っておはようと言えるようになりました。

ロボット掃除機のデメリット

デメリット① 拭き掃除用マットの掃除が必要

拭き掃除用のマットは水を含むので、長時間放置してしまうと汚れやカビの原因になります。 

コストはかかりますが、使い捨てのモップもあります。

使い捨てモップ

デメリット② 掃除機をかける前には床の点検が必要

いつも朝みんなが出掛けてから掃除をしてもらうのですが、その時に床に物が落ちていると、何かに引っかかったり、間違って吸い込んでしまったりして、途中で止まってしまったり、故障の原因になります。家を出る前に何も落ちていないか点検する必要があります。ただ、これに関しては、毎日点検していれば、そこまでたくさん落ちているということはまずないので、逆に点検が習慣づいてちゃんと見るようになりました。

ロボット掃除機で快適な暮らしを手に入れよう!

いかがでしたでしょうか。私はロボット掃除機を購入したことで、劇的に生活スタイルが変わりました。安い買い物ではないので、躊躇してしまったり、本当にちゃんと掃除できるの?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。ただ、床の埃を横目に掃除ができない・・・とストレスを感じている方、生活スタイルが本当に変わりますよ。是非検討してみてくださいませ。

今回は掃除をする時間がない方、広い家におすすめのロボット掃除機をご紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です